月桃紙扇子〜百日紅〜

月桃紙に染めた紅型扇子です。

月桃は植物で、沖縄ではあちらこちらでよく見られます。
沖縄ではサンニンとも呼ばれています。ムーチの時期になれば葉っぱを集める光景が見られますよ。
その月桃からできた紙を染めて扇子に仕立て上げました。
最後の扇子仕上げは、京都の職人さんに仕立ててもらっています。

柄は百日紅(サルスベリ)です。
カタチキの軒先にある大きなサルスベリの木。
カタチキのお店の中から見たサルスベリをモチーフにし、図案におこし染色しました。
夏になると小さな白いお花も緑の葉も色鮮やかに咲いています。

男女兼用アイテムで贈り物にも喜ばれます。

すべて手染めで行っている為、一つ一つ色や柄の出方が異なります。

※デザイン全てカタチキのオリジナルです。
販売価格 10,800円(税800円)

カテゴリーから探す

コンテンツ

ショップについて

カタチキ

私たちカタチキは首里城の裏手、首里崎山町で紅型とミシンでモノつくりをしております。 何気ない景色や風景、日常を紅型に取り入れ伝統技術はそのままにカタチをつくっています。 かつて、沖縄が琉球という国だった頃、諸外国との交流で育まれた染物紅型(びんがた)当時は、王様、王族、士族のみが着用していました。 紅型を「カタチキ」型を付けるという意味でこう呼ばれていたそうです。 私たちはこの古語「カタチキ」を工房名にして、生まれ育った地でものづくりをしています。 沖縄のゆるやかで暖かい風をみなさんに感じていただければ幸いです。