華をまとう

華をまとう

サルスベリの木をモチーフにしました。
一年を通して移り変わる様子を色で表現しました。
グラデーションをかけ首元を華やかにしました。
巻き方を楽しめ、いろいろとアレンジを楽しめます。
伝統の彩りをオシャレのポイントに取り入れてみてはいかがでしょうか。

こちらの素材はインドでの手織り素材で、地紋が入っております。
特殊な素材は手に入った時にしか染めれませんので全て一点素材です。

ボリュームもあり、今の季節にピッタリです。
マフラー感覚でご利用でき、あたたかいですよ。


素材:手織り綿100%
長さ:約180cm, 巾:約110cm

※すべて手染めで行っている為、一つ一つ色や柄の出方が異なります。
カタチキの手染め紅型は顔料(鉱物性)で染めています。顔料は退色に強く発色がよいのですが、摩擦に弱い性質があります。
お洗濯の際は、他のものと一緒にせず漂白剤、蛍光剤が入っていない洗剤で、手で押し洗いしてください。
強く擦ったり、濡れた状態で擦ると色移りする場合がありますので、ご注意ください。濡れた場合はそのまま使用せず陰干、よく乾燥させてからご利用ください。

手染めならではの表情や色の変化をお楽しみください。
販売価格 43,200円(税3,200円)

カテゴリーから探す

コンテンツ

ショップについて

カタチキ

私たちカタチキは首里城の裏手、首里崎山町で紅型とミシンでモノつくりをしております。 何気ない景色や風景、日常を紅型に取り入れ伝統技術はそのままにカタチをつくっています。 かつて、沖縄が琉球という国だった頃、諸外国との交流で育まれた染物紅型(びんがた)当時は、王様、王族、士族のみが着用していました。 紅型を「カタチキ」型を付けるという意味でこう呼ばれていたそうです。 私たちはこの古語「カタチキ」を工房名にして、生まれ育った地でものづくりをしています。 沖縄のゆるやかで暖かい風をみなさんに感じていただければ幸いです。