ちんちん馬ぐわー

月桃紙に紅型

月桃紙に染めた紅型をアルミ額に。
モチーフは沖縄で古くから伝わる琉球玩具のちんちん馬をスケッチし図案におこし染めました。
沖縄では昔、ユッカヌフィー(旧暦5月4日)に玩具を子供達に買ってあげる日がありました。子供達の健やかな成長を願い、おもちゃを買ってあげて喜ばせることで、厄払いをする習慣があったようです。

月桃紙は沖縄ではあちらこちらで見られるサンニンの葉の繊維を紙にした素材です。

すべて沖縄で育まれたものつくりです。
沖縄らしいイッピンです。
贈り物にも喜ばれますよ。

素材:月桃紙
大きさ:約、縦:32cm 横:26cm



※すべて手染めで行っている為、一つ一つ色や柄の出方が異なります。
カタチキの手染め紅型は顔料(鉱物性)で染めています。顔料は退色に強く発色がよいです。
手染めならではの表情や色の変化をお楽しみください。

販売価格 16,200円(税1,200円)

カテゴリーから探す

コンテンツ

ショップについて

カタチキ

私たちカタチキは首里城の裏手、首里崎山町で紅型とミシンでモノつくりをしております。 何気ない景色や風景、日常を紅型に取り入れ伝統技術はそのままにカタチをつくっています。 かつて、沖縄が琉球という国だった頃、諸外国との交流で育まれた染物紅型(びんがた)当時は、王様、王族、士族のみが着用していました。 紅型を「カタチキ」型を付けるという意味でこう呼ばれていたそうです。 私たちはこの古語「カタチキ」を工房名にして、生まれ育った地でものづくりをしています。 沖縄のゆるやかで暖かい風をみなさんに感じていただければ幸いです。